2010.04.29 作者寸評
張先生による伝言を書いていたら、もう夜中1時。

しかし、その日は、寝床についてから直ぐには眠れませんでした。
元極に出会ったこの20年余りの思いが、胸中を行き来していたのです。

元極の過去を知っている人なら、
元極一般公開後の隆盛期を経験した人なら、
元極の現状が分かっている人なら、

張先生の箴言(しんげん)と言ってもいいお言葉の真意を吟味すればするほど、
その重みがお分かりになるでしょう。
Secret

TrackBackURL
→http://genkyoku.blog52.fc2.com/tb.php/9-b7a128ad