上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来るべきものが来る。

東日本大地震が突然起きました。
千年に一遇の津波が発生しました。
といっても、地殻変動の積み重ねの結果で、あくまで自然の変化なので、突然ではなく必然と言った方が正確でしょう。
必然だから、避けられようはありませんし、自然の前では、人間は無力だ。



やるべきことをやる。

いま福島から友人夫婦が来ています。
奇跡的に無傷でした。
マグニチュード9以上のの大地震であるにもかかわらず、ほぼ自力で建てられた友人のお家も倒れないで、住める状態です。

でも、一番感心したのは11日から16日までマグニチュード5くらいの余震が200回以上続いた揺れの中で、友人夫婦はじっと耐えるだけではなくて、いつもと同じように一心不乱に元極の煉功(動功・静功など)続けられたことです。

元極修錬の目的は、心身統一して、大自然に順応することです。
非常時だからこそ、平常心を保って、やるべきことをやりこなすのです。

人事を尽くして、天命を待つ。


Secret

TrackBackURL
→http://genkyoku.blog52.fc2.com/tb.php/71-bc680a46
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。