上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「元極堂」「元明塔」「元極碑林」など、それぞれ独自の磁場を持ち、使途も異なります。

例えば、元極病院が開発した道教系秘薬は製薬後、まず「元明塔」の地下室に一定期間において「置塔処理」をします。
その後で病院の薬局に並べます。

こういったやり方で、薬の効能がアップになると同時に、僅かな副作用も抑えられます。

「元極堂」で行われた農作物の品種改良実験、食品の鮮度保持実験、動物の学習能力実験などいずれも目立った成果が得られました。

つまり、蓮花山の開発は磁場の特徴を生かすところに重点を置いてあります。
分杭峠は接客施設で開発が止まっています。

ならば、開発すればいいのではないか?

そう簡単にはいきませんね。
そのために、プロ中のプロである張志祥先生レベルの人が必要になります。

現段階では、分杭峠は素晴らしい素質を持つ原石見たいなもので、これから不純物を取り除いたら、純粋の姿は現れてくるはず。

日本だけではなく、蓮花山のように世界的にも名を馳せる日が来るでしょう。


Secret

TrackBackURL
→http://genkyoku.blog52.fc2.com/tb.php/35-f177bd0d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。