上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月25日分杭峠から帰ってきて、参加者の一人からメールが届きました。

「無断借用」ではありませんが、お名前を伏せておきましょう。


分杭峠ツアーでは大変お世話になりました。
とても驚くことがおこりました。
峠からテントに戻ろうと歩き始めた途端、
お腹の中がまるでボコボコと音をたてるかのように激しく動き始め、
そのうちには下の方から、大波がわくような、風が吹くような
なんともいえない感覚が広がり始め、いったい自分の体がどうなったのか
不安になって、思わずしゃがみこんでしまいました。
落ち着くまでにはずいぶん時間がかかったように思います。
挙句の果てにはバスの発車に気がつかず、
皆さんにご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ありませんでした。
家に帰ってからテキストをみたら、
「下丹田を修練するうちに、いろいろな体感が出ることがある」
と書いてありましたので、
ああ、そういうことだったのかとようやく安堵しました。
十字真言を唱え続けると、こんなことが起こるのですね。
参加できたことに感謝します。



ちょっと長い引用でしたが、
元極を始めたばかりのこの方の素晴らしいところは、

一つ、下丹田に集中し、一心に念訣して積極的に実践すること。
一つ、煉功中に問題意識を持つこと。
一つ、進んで答えを模索すること。

初心者とはいえ、ベテラン顔負けの研鑽精神に脱帽に値します。

まさに「後生畏るべし」でしょう。


Secret

TrackBackURL
→http://genkyoku.blog52.fc2.com/tb.php/24-77b08635
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。