昨日東京から勉強に来られた友人が、かの有名な分杭峠に初めて行ってきたとのこと。
行き方を聞いたら、びっくりしました。
なんと新宿から分杭峠への高速路線バスが開通しているのだそうです。

分杭峠はゼロ磁場として知られたのは、今から16年も前のことになります。
我が師・張志祥先生が、初めて訪日した時に「蓮花山並みの磁場」(注1) だと評されたのがきっかけです。

長野県を踏査された時の張先生

2000年から、元極健康クラブ主催の分杭峠ツアーを、年に1~2回のペースで行いました。
当時は閑散とした状態で、私たちのグループ以外に、訪問客はまばらでした。
だからいつ行っても煉功も水汲みも出来ました。

2007年ツアーの参加者(一部)

しかし、知らず知らずに静かなブームが起きて、今では休日はもちろんのこと、平日でも身動きができないぐらいの人だかり。
そんなところで、大人数の集団行動を元極有志数人と私で企画して実施するのは難しくなりましたので、2007年の夏、87名のメンバーで行ったのを最後に、今日に至るまで行くことを諦めていました。
後からよく考えたら、2006年2月フジテレビの「奇跡体験アンビリーバボー:気功特集」に出演して、「蓮花山の磁場は特殊」と言ったのも、自分の首を絞めたのかもなあ。
まさしく身から出た錆びかな。

ところが、強力な援軍が現われた。
「伊豆箱根トラベル」さんです。
お蔭で分杭峠ツアー再開。
まずは、7月25日と8月8日に実施する予定になっています。
9月、10月、11月にも2回ずつ行く予定です。

詳しいことは近日中に別途案内致します。
興味のある方はご留意ください。


(注1)蓮花山(れんかざん)
     元極功本部の所在地。中国湖北(こほく)省・鄂州(がくしゅう)市にあります。
     張志祥先生によるゼロ磁場の開発利用は独特。

Secret

TrackBackURL
→http://genkyoku.blog52.fc2.com/tb.php/18-dd5f7b7b