上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.03.04 真の保守派
同僚の先生のお母さんが常葉短大で「聴講生」の身分で、六十歳以上年齢が離れている若い学生に交じって、皆勤で真剣に元極の基礎理論を勉強しました。

学期末のレポートも上手にまとめられました。

内容は写真を拡大したら読めると思いますが、それより原稿用紙そのものに注目してほしい。

黄ばんだ紙は、なんと50年代の物です。
半世紀経っても大事に使い続けていることは、単なる物持ちがいいではないでしょう。

万物にもそれぞれの役目を持っています。
それを果たしてあげることこそ「有終の美」ではありませんか。

庶民の中では真の保守派というのは、倹約を美徳とする古き良き日本人のことではありませんか。

DSCN7539.jpg

DSCN7540.jpg





Secret

TrackBackURL
→http://genkyoku.blog52.fc2.com/tb.php/171-175cb877
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。