2012.05.11
2012-05-08 14:38:36 mawomの投稿
テーマ:中国元極功法
今回も海辺で動功の実習を行い、按摩法、静功の実習もしっかりやりました。

元極功で大事とされる「心、徳、功」のうちの心についての講義がありました。
以前十分時間をかけて教えて頂いたのですが、判っておらず、今回初めて理解できたことがありました。

誰でも一つのことに一心に打ち込めば、他人からは超人ではないか?と思われることもできる、ということは私達も見知っていることだと思います。
ここから、「一つのことに打ち込むことによって深い領域が顕になり、その深い領域の法則がその人を支配し、その人は深い領域の智慧とエネルギーを得てそれを活用することができる。」という考えに至り、心の開発に対する理解の助けになりました。

元極功では、天地万物の根本法則に通じている(人間の)心を慧心と呼びます。
最終的には慧心を開発し、天地万物と一体になるのが、元極功の目標かと思います。

その第一歩が竅穴の開発です。
竅穴(きょうけつ)は中国語では窍穴と書きます。
で、先生は常々、「窍穴はただの穴(ツボ)ではなくて、穴(ツボ)の巧(たくみ)です。」と仰っていて、確かに読んで字の如しなのですが、それ以上深く考えていませんでした。

一意専心して巧(たくみ)になることによって、深い領域が現れてくる、ただの穴(ツボ)も開発すればそこに根本法則が現れてくるということだったのだと理解しました。

開発された竅穴は慧心の働きを持ち、身体全体を調整することができるそうです。

一つ一つ竅穴を開発してゆくと、天地万物との一体感も深まって行くのでしょう。
竅穴は十二個有りますが、全ての竅穴を開発すると、終には身体全体が一つの竅穴のようになるそうです。

竅穴の開発には十字真言が使われますが、十字真言も万物の根本法則に通じる大事な情報ですから、 これを唱えて理解を深めてゆくことは、やはり天地万物に通じてゆく筈です。
十字真言を唱えるだけでも立派な修練になると言われるのも納得できます。

さて、各竅穴の開発は、総竅とも呼ばれる眉間の少し上に有る上丹田を通して行われますが、では、その上丹田を先に開発すればより速やかに進歩するかというと、幻覚が生じるなどの弊害があるそうです。

やはり下位の竅穴から開発していかないと、安定した進歩はできないようです。
これは、ヨーガにおけるチャクラの開発などでも同じようなことが言われています。

何かを一足飛びに得ようとする考え方そのものが強い欲望であり、伝統的な修行の目指すものと合致しないのだと思います。

修練の進歩には、「心、徳、功」の徳、功も大きく関わっています。

次回の講義が楽しみです。

ミクシィ・元極学コミュニティ

*米強による注釈::
5月8日の講義について、ベテランの鍼灸師「みのたろう」さんが書いた感想文です。講義のポイントを上手にまとめられたので、「心」特に「窍」を理解するには、一助になると思います。無断で転載させて頂きました。有難うございました。
*「みのたろう」さんのブログ:
http://ameblo.jp/mawom/entry-11237872208.html
Secret

TrackBackURL
→http://genkyoku.blog52.fc2.com/tb.php/142-44994ce1