上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二、湖北海音生物医薬有限公司の設立  (説明 by 米強)

気功の本場と言われた中国では、中医学の専門病院で気功科を併設することもあります。
北京中医薬大学では気功の修士コースもあります。
しかし、宗教的な色彩のあるものは、容認されていません。

厳しく取り締まられた「法輪功」はそういった気功団体一つです。
1999年の「法輪功事件」以降、大規模な気功団体に対しても、規制がさらに厳しくなりました。

元極功法は、中国政府によって「国家認定した健身気功功法」として改めて認定されたにもかかわらず、本部の所在地である蓮花山は強制的に国有化された経緯があります。

2004年にはAAAA級旅游区に指定されています。
その結果、以前のように蓮花山で行われていた集団で煉功することも出来なくなっています。
張志祥先生も2000年12月に蓮花山を離れざる状況になり、現在もその状況が続いています。

元極学の本部がある蓮花山が国有財産になってから、ピーク時には700名を超えた職員の多くがリストラされて、仕事を失いました。
その後、張志祥先生の努力によって、湖北海音生物医薬有限公司(http://www.haiyinshw.com/)が設立され、約100名以上が再就職できました。
現在では、道教系の伝統的処方をベースに「首烏茯苓」など国家認定の保健機能食品多数開発し、健康維持、免疫力増進、病気予防に効果を上げています。
また抗ガン剤との併用で、副作用を軽減しているとのガン患者さんからの報告もあります。



注)http://www.haiyinshw.com/ は、中国語簡体表示です。
正しく表示されない場合は、画面上部にあるタブにある表示(V)のプルダウンメニューの中からエンコード(D)を選び、その他の中から簡体字中国語を選択すると原文が表示されます。

Secret

TrackBackURL
→http://genkyoku.blog52.fc2.com/tb.php/12-fc3db8b8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。