上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ネイチャイーズ・リベンジ」を読みました。

ついこの間、友人に勧められた本です。
いつからか文学作品はあまり読まなくなっている私は、半分宿題を完成する気持ちで読み始めたが、内容に惹かれて気が付いたら2時間余り過ぎていった。

作者はご自身の経験に基づいて大自然の危機をリアルに表現しています。
特に予見したように原子力発電の危うさを見せてくれました。

3.11の地震で原発事故は福島一カ所にとどまって幸いというなら語弊がありますが、
もし、東日本だけではなく、西日本でも同時に一カ所か数カ所原発事故が起きたら、今の日本どうなっているでしょうか。

想像をするだけでもぞっとします。

人類の英知で現代文明の歪み、すなわち底なしの欲を満たすための発展=破壊にブレーキをかけることは、本当に出来るか大変疑問に思っています。

そもそも今の文明は「英知の賜物」ではありませんか。

日本をこよなく愛しているミシェル・デマルケさんと同じ気持ちですが、古き良き伝統を持つ日本から世界に発信して、この間の不幸をばねに率先して自然にやさしい循環型発展様式を世界に示しだしたらと切に願っています。

さて、8月21日からツアーで元極学の本部蓮花山に行きます。
私の帰りは9月9日になります。

期間中ブログの更新は休みになります。

どうかお許しを。
Secret

TrackBackURL
→http://genkyoku.blog52.fc2.com/tb.php/104-dd8e32bd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。