上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08.04 竈(かまど)
蓮花山の蓮池の蓮花
蓮花山は竈(かまど)です。

夏に入ってから暑さについての表現は夏日、真夏日、猛暑日へと「エスカレート」していきます。

暑さの自慢比べではありませんが、中国の場合は暑い時期に暑いところを竈(かまど)に例えています。

蓮花山の所在地・武漢(鄂州)は南京、重慶と並んで三つの著名な竈になっています。
小暑、大暑の間、日中の最高気温は常に40度以上、夜でも37度、38度をくだらない。
とても猛暑日や熱帯夜で表現しきれません。日傘をさしても頭のてっぺんは溶けてしまいそうだと地元の人が言う。

にもかかわらず毎年の夏、当元極研究会のツアーは蓮花山に行っています。
決死の覚悟でも無謀でもありません。
立秋になってから、さらに処暑あたりになって行くのです。
今年は8月21日の出発で処暑(8.23)の二日前です。

いくぶん涼しくなるから初めての方でも安心して行けます。

もうひとつ。。。

この時期にだけ、きれいな蓮の花がいっぱい咲いています。
Secret

TrackBackURL
→http://genkyoku.blog52.fc2.com/tb.php/100-fef4f3ff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。