「いつお帰りになりますか」と訊かれたときに、
「沼津?北京?どっち?」と聞き返す場合はしょっちゅうあります。

日本に来て13年経つわたしにとっては、住めば都の日本も帰るところになっています。

実際、帰省したたびに中国でも回りに必ず「いつ日本に帰りますか」と訊かれます。

年末の定例の蓮花山ツアーの関係で、日本の(西暦の)正月はいつも中国で過ごす一方、日大の講義の関係で
旧正月は日本で過ごすことになってしまいます。

どちらでもお正月の雰囲気はまったくありません。

お陰でわたしの「無正月」状態はまたまた続きます。

大言壮語になりますが、「馬革(ばかく)に屍(しかばね)を裹(つつ)む」と言うでしょう。

では、
今年最後の木曜日(27日)北京に帰ります。
来年の一月15日(火)沼津に帰ります。

皆様良いお年を!

*旧正月の始めは大体毎年の立春(2月4日)前後になります。