上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.07.07 七夕
「今日(7月7日)は七夕です。。。か?」

講義中に、学生達に願い事を聞かせてもらいました。

「世界が平和になるように」、「痩せたい」、「金持ちになりたい」、「理想の職に就きたい」・・・いろいろ。
「残念です。みなさんの願いは成就できません」と言ったら、
「えっ?」という表情。

ご存知のように七夕など伝統的な雑節は「旧暦」を基準にしています。
今年の旧暦の七夕はちょうど一か月後の8月7日に当たります。
「今の太陽暦ではいいじゃん」と思われがちですが、やっぱり駄目です。

現に日本中で今夜いったい幾人が天の川銀河を見たか?
天気図を見たら全国が雲マークか雨マークだったのです。

そもそもこの時期では梅雨が明けていませんので、見えないのも無理もないはず。
明治維新の後「新暦」を採用しましたが、旧暦の年中行事などの日にちをそのまま新暦に当てはめたため、暦と現実が合致しない不都合が生じたのです。

たとえば「正月」については、「迎春」とか「賀春」とかは決まり文句になっていますが、旧暦の場合、二十四節気で言うところの立春の頃にあてはまるからぴったりですが、「新暦」のままでは一番寒い時期と重なるので、春の雰囲気は言葉の独り歩きになってしまいます。

新暦の8月7日行われる、かの名高い仙台の七夕祭りなら天の川を見える確率はずっと高いはず。

願い事があれば一か月後にしましょう。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。