夏の暑さについて表現は、初夏の暑さ、真夏の暑さがあって、さらに猛暑、酷暑などと言います。

立秋になってからも酷暑の日が続き異常と言われていますが、よく考えたら、今の時期は暦の上でもっとも暑い時期である三伏のひとつ「末伏」なので、当たり前と言ってもいいかも。

さて、明日22日から元極の本部・蓮花山に行きます。

蓮花山の所在地域は、楊子江(長江)中流域です。
夏の暑さが有名で、中国では南京、重慶と並んで「三大竈(かまど)」と言われているぐらい。
40℃以上の日が日常茶飯事。
夜になっても35℃に下らない「熱帯夜」はしょっちゅうのこと。

今日の蓮花山の気温は26℃~36℃だそうです。
これでも特に暑くない例年通りだって。

10年にわたって、2008年の北京オリンピックを除いて、毎年に行っている私たちはもう慣れっこ。

でも、正直言って暑いのは嫌です。

では、行ってきます。

皆さんも日本で夏の最後の暑さを楽しんでください。

ちなみに、私が日本に帰る日は9月11日です。