上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月25日、8月8日に立て続けでゼロ磁場分杭峠に行ってきました。

パワースポットをまとめたある本の中では、日本全国にある163ヶ所の有名なところが網羅されていて、分杭峠はその一つになっています。

そして、面白いのは、そのスポットが何に利くかをジャンル別に紹介しています。

恋に利く
金運に利く 
癒しに利く 
健康に利く 
仕事・学問に利く 
お払いに利く

となっています。

本当に意中の人と出会えるか、宝くじに当たるか、有名大学に進学できるかの分類根拠はさておいて、分杭峠が「健康に利く」というのは、間違いありません。

数多い有名にな「聖地」の中では、分杭峠はまだ後輩格ですが、その発見の経緯にしても、その裏づけにしてもユニークなところがあります。


一つ 明確な発見者があること。
    我が師・元極の家元張志祥先生が、初めて訪日した時に「蓮花山並みの磁場」(注1)
    だと評されたのがきっかけです。

一つ 電気通信大学(当時)の佐々木茂美先生はじめ、科学者によって特殊な「磁場」、
   即ち「ゼロ磁場」を確認したこと。(注2)

一つ 多くの体験者によって、健康によいと実証されたこと。



(注1)蓮花山(れんかざん)
     元極功本部の所在地。中国湖北(こほく)省・鄂州(がくしゅう)市にあります。
     張志祥先生によるゼロ磁場の開発利用は独特。

 (注2)「見えないものを科学する」佐々木茂美 サンマーク出版1998.4


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。