自民党から民主党へ政権交代してまもなく、在日米軍基地の移設は日米間の懸案になった。

鳩山首相が来日したオバマ大統領に「トラストミー(TRUST ME)」と約束した。

私を信じてという意味ですが、オバマが本当に信じてくれたのかはいざ知らず、5月まで基地の移転先が決められるかは、与野党内外から相当疑問視されているのも事実。

三方一両損なら、沖縄県民も、日米両政府も万々歳だが、そう簡単にはいかないだろう。

政治外交問題は利益の関係するもの同士が折衝して、妥協案に辿りつくのは現実的で、手放しして相手に任せて信じることはあまり期待し難い。

さて、病気治療、健康維持ひいては修錬の世界においては、どうだろう。

達人に出会って、何とかしてくれと頼んで、何でもやってくれると思い込んでは、がっかりするかも。

つまり、裏を返せば「トラストミー」と「トラストユー」も同じ、自分自身が努力(煉功)せず、一方的に相手に任せることは、はなはだ安心できるものではない。

この意味では、他力本願より自助努力はもっと大切。

一言、「天は自ら助くるものを助く」に尽きる。