上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまた遅い報告になりましたが、今年のゼロ地場分杭峠ツアーは終了しました。

写真は9月22日(秋分)に撮ったもので、山はまた青々として、稲の収穫が始まったばかり。今頃になって、ちょうど紅葉の見ごろでしょう。

周知の通り、健康維持にしても修煉にしても場所(地の利)は大事。
タイミング(天の時)も大切。特に元極功の中で「節気功」があって、積極的に自然の変化の変わり目を利用して、煉功に励みます。

地の利に天の時、さらに人の和(貫頂・帯功、自主煉功)。三拍子そろっての旅でした。
来年も伊豆箱根みどりの旅と組んでツアーを作る予定です。

お断り:横になって寝ているようにみえる写真は、昼食後のお昼寝ではなく、帯功です。
     本来は座禅のポーズでおこないますが、「融通の効く」わたしが「改良」したのです(笑)。



DSCN8052.jpg

DSCN8047.jpg

DSCN8044.jpg

DSCN8053.jpg

DSCN8056.jpg

DSCN8055.jpg

DSCN8058.jpg

DSCN8059.jpg
スポンサーサイト
7月22日大暑の日に分杭峠に行ってきました。

正規の元極功の勉強を始めていない「新人」中心のツアーでした。

新人が故に「気感」ってなに?
感じなかったら効果は無い?
「なぜ上顎(うわあご)の歯の付け根に舌をつけるのか」?

元極功の呼吸法とは?などなど質問攻めでした。

「十ヶ月胎音」をメモして、元極音楽のメロディに合わせて、口ずさんで、バスが峠に到着するまで頑張って暗唱できた人も多数いました。

天の時:大暑を擁し;

地の利:ゼロ磁場を占め;

何よりも人の和:

元極の家元張志祥先生が発見した地で、元極功法の煉功と貫頂・帯功できたこと。

三拍子そろってよかった。


DSCN7895.jpg

DSCN7865.jpg

DSCN7866.jpg

DSCN7868.jpg

DSCN7885.jpg

DSCN7889.jpg

DSCN7890.jpg

DSCN7882.jpg

2012.07.06 案の定。。。
今年の折り返し時点にあたる7月1日(日)にゼロ磁場こと分杭峠に行ってきました。

参加者の三分の二以上は元極の講義を受けたことがあるため、自主的に煉功できますので、
能率よくゼロ磁場を利用されたと思います。

さて、前回の記事で「ブームで始めた事物は、ブームで終わる」と張志祥先生の考えを紹介したのですが、案の定、その日の分杭峠は当元極学研究会の「専用」道場みたいでした。
ちなみに、元極学の本山、すなわち蓮花山の状況もいまの分杭峠に似ています。

当日は小雨が降っていました。
この時期の雨は万物に必要な貴重な「水」で、実際「甘リン」(雨の下に林という字)という漢字でその有難さを表現しています。

いつも帰り道に「野沢センター」に立ち寄り買い物していますが、さすがに毎回は飽きてしまったので、初めて「おぎのや」というサービスエリアに変えたのです。

朝取りの安い新鮮な野菜などが大人気。


DSCN7843.jpg

2012_070124-7分杭0070c

DSCN7846.jpg

DSCN7839.jpg

DSCN7837.jpg

DSCN7838.jpg

2012_070124-7分杭0063c

DSCN7850.jpg

DSCN7848.jpg



「ゼロ磁場」として名を馳せた長野県にある分杭峠は、静かになっているようです。
最近行ってきた友人の話では、日曜日でもぜんぜん混んでいません。
例年だったら立つ場所を確保するのにも一苦労するときもあったのに。。。

やっぱり「ゼロ磁場」の発見者である元極学の家元張志祥先生が、かつて言ったとおり「ブームで始めた事物はブームで終わる」ということでしょうね。

でも、2000年からほぼ毎年行っているわれわれにとっては、むしろチャンスだと思います。
落ち着いて煉功できるから。



7月1日(日)より、今年第一回目の分杭峠ツアーを始める予定です。


分杭峠ツアーの予定日など詳細は、こちら↓↓↓
http://genkyoku.blog52.fc2.com/blog-category-7.html

参加者の感想は、こちら↓↓↓
http://genkyoku.blog52.fc2.com/category7-1.html


今年の分杭峠ツアーは二部に分けて実施いたします。

日程ごとに申込先が異なりますので、ご注意ください。



第一部:伊豆箱根鉄道株式会社と共催

日程:7月22日(日曜日) 
    9月22日(土曜日)

*毎回米強氏が同行します。

申し込み先:
1 伊豆箱根トラベルみどりの旅センター TEL.055-997-8800
2 三島営業所 TEL.055-977-3874
3 小田原営業所 TEL.0465-34-0333



第二部:日本元極学研究会の主催

日程:7月1日(日)
    9月17日(月) 
    10月21日(日)

*毎回米強氏が同行します。

申し込み先:
blog_genkyoku@yahoo.co.jp
info.genkyoku@gmail.com



いずれのコースも沼津駅北口発着を予定しています。 

発車時間は早朝 06時50分前後になりますが、その都度別途ご案内します。


詳しくは、米強・日本元極学研究会 HP の中の「旅行」 をご参考にしてください。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。