米強先生の各地でのご案内は、以下の通りです。
(画像をクリックすると拡大されます)

なお、大阪会場は、阿倍野区民センター和室にて13時半から開催予定です。
http://abeno-cc.net/facilities/access_map
申込先:blog_genkyoku@yahoo.co.jp まで

news2017-10-5.jpg

news2017-10-5(2).jpg
米強先生の各地でのご案内は、以下の通りです。
(画像をクリックすると拡大されます)

2017_6案内
6月19日から7月9日、米強先生が来日します。奮ってご参加ください。
(画像をクリックすると拡大されます)

米先生2017夏


news2017-2-9.jpg
米強先生 元極講習会のお知らせ

2月に米強先生が来日いたします。
つきましては貫頂・帯功・勉強会を開催いたします。日程は以下の通りです。
また、師範コースについては予約が必要です。
よろしくお願い致します。

news2017-2-7.jpg

米強先生 元極講習会のお知らせ

9月に米強先生が来日します。
つきましては貫頂・帯功・勉強会を開催いたします。日程は以下の通りです。
また、師範コースについては予約が必要です。
よろしくお願い致します。


9月予定
米強先生 元極講習会のお知らせ

5月9日から5月29日、米強先生が来日します。
つきましては貫頂・帯功・勉強会を開催いたします。日程は以下の通りです。
また、師範コースについては予約が必要です。
よろしくお願い致します。

元極講習会のお知らせ

各地の教室のご案内です。
参加希望の方、ご質問等は、各教室の代表者までご連絡ください。
メールアドレスの★は、@に変換お願いいたします。


大阪教室5月14日(土)午後13:30-16:30
blog_genkyoku★yahoo.co.jp 代表 車佳哉

高山教室 5月15日(日)9:30-16:00
saron.tomotomo★docomo.co.jp  代表 今村知子 •四辻泰子
携帯電話:090-4157-4062

静岡教室 5月19日(木)19:00-21:00
連絡先:viewsalon★sohtbank.co.jp 代表 宮城嶋光柄 
携帯電話:090-6516-3495

富士教室 5月28日(土)13:30-15:30
連絡先:吉川三枝子 
携帯電話:090-8868-6999
5月の予定とツアーご案内

1.5月 元極学教室予定

5月9日(月)は福島教室に変更します。

*福島教室の連絡先:yrg006333★yahoo.co.jp (★を@に変換お願いします)
  携帯電話:090-8304-0053
代表 川合 弘記


沼津では5月10日(火)から始めます。

会場:長泉文化センター・ベルフォーレ
静岡県駿東郡長泉町下土狩821-1

*連 絡・予 約 仁藤奈津子 090-2578-0177
       細江 君子  090-2264-2036
        米 強  090-6087-4158(5月8日以降開通)


2.ゼロ磁場分杭峠 バスツアー案内

旅行日:5月22(日) 出発:6時25分 沼津駅北口
*連絡、予約 仁藤奈津子 090-2578-0177
        細江 君子 090-2264-2036
        米 強 090-6087-4158(5月8日以降開通)


3、元極功師範コース(第1期第五回目)案内

会 場:長泉文化センター・ベルフォーレ 第一会議室
静岡県駿東郡長泉町下土狩821-1

日 時:5月29日(日) 10:00~16:30
参加資格:元極功伝授員コース終了した方
※ 元極学研究会の各地教室の参加者及び気功の愛好者も聴講可能

問い合わせ先・申し込み先:当サイト内のメールフォーム、または mgenkyoku★yahoo.co.jpにお願いします。
※ ①mgenkyoku★yahoo.co.jpでの連絡は2016.5.10まで
②2016.5.10 以降米強氏の携帯電話へ:090-6087-4158
(★を@に変換お願いします)


4、蓮花山ツアー案内

コース:静岡―武漢(蓮花山)―静岡(富士山静岡空港発着)

日程:2016年9月3日(土)~2016年9月10日(土)
*ツアーへの参加は、以下のいずれかに該当する方にのみご案内可能です。

応募要項:
・ 元極学研究会の各地教室の参加者。
・ 元極学研究会の関係者による紹介。
・ 元極学研究会の代表米強氏と面識のある方。

その他、ご質問等はお気軽にブログ内にあるメールフォームからどうぞ。
2016.04.23 お見舞い
このたび熊本、大分に大きな地震が起きて、多くの方々が甚大な被害を受けました。
経験した3.11大地震を思い出して、北京に身を置きながら、痛々しく感じています。
被災地の皆さんに心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く余震がおさまって、立ち直るようお祈り申し上げます。

5月に予定通り第二の故郷日本に帰ります。
微力でございますが、私なりに元極功を活かして貢献したいと考えています。